剥離はなくせない……そう思っていませんか?

「ワックスの剥離は必要」の常識を覆します

  • 技術的に剥離をうまく行えないスタッフや嫌がるスタッフがいる
  • 現在やっているフロア管理の方法ではコストがかかってしまう
  • 床ワックスの剥離に時間がかかって量をこなせない

ほとんどのビルメンテナンス業者様にとって、重労働である業務用床ワックスの剥離は「できればなくしたい作業」「やりたくない作業」だと思います。でも、フロアの美観を維持するためにはやるしかない……。そう思ってはいませんか? しかし、その"常識"は正しくありません。最新テクノロジーによって誕生した「ウルトラフロアケア」なら、正しいメンテナンスを行うことで10年以上も剥離が不要になるのです。

剥離作業の問題

広いフロアのワックス剥離は重労働であり、従業員にとって大きな負担になっているのが現状。剥離の回数が多いと人件費がかかるのはもちろん、現状の床ワックスを剥がすための剥離剤、その後塗布する新しい業務用ワックスなど、ケミカルのコストもかさんでしまいます。業界全体が激しい価格競争に巻き込まれる中、本当はどんどん受注を増やしていきたいのに、リソースの関係でそれができない……という企業様もあるのではないでしょうか。

また、一般的な剥離剤はドライバック(再硬化)が起こるため、ベタベタとして作業性が悪く、きれいな作業を行うには熟練者が作業を行う必要があります。高いコストと莫大な作業時間は収益を圧迫し続けます。さらに、いつ人の往来があるかわからない救急病院などでは、ワックスの剥離や再塗布に時間をかけられないという問題もあります。

ウルトラフロアケアの「剥離をしない床メンテナンス」

これまでのワックス・剥離剤はもう使えない!

  • 剥離にかかるスタッフの手間や作業時間を大幅に削減
  • 剥離剤やワックスなどのケミカルにかかるコストを削減

ウルトラフロアケアのワックスでは黄変のリスクがほとんどなく、表面にできた黒ずみも簡単に除去できるため、ワックスの剥離が長期にわたって不要になります。定期清掃で行うのは専用洗剤と白パッドによる洗浄とバフ作業でワックス塗布と同等の光沢を復元します。バフ洗浄で光沢が戻りづらくなったら、そのときにその部分だけ、緑パッドで洗浄後ワックスを塗布すればいいのです。もちろん、10年以上剥離作業は不要です。

また、ウルトラフロアケアの剥離剤なら独自のポリマー内破テクノロジーによってドライバックの問題も解消。剥離作業中のフロアはいつまでもサラサラなままなので、パッドの目詰りや滑り転倒事故のリスク低減、大幅な作業効率アップが可能です。テクノロジーで今までの剥離作業を一変します。
ウルトラフロアケアだけでなく、従来の一般的なワックスも剥離可能です。

ウルトラフロアケアの特徴は、「剥離をしない床メンテナンス」が可能になること。これまで当たり前のように行われてきた剥離作業が不要になり、フロアの美観も格段に維持しやすくなります。

  • ウルトラフロアケアのコンセプト
  • ウルトラフロアケアの特徴
  • ウルトラフロアケアと従来のワックスの違い
  • ウルトラフロアケアの製品ラインナップ

「ウルトラフロアケア」シリーズに関するお問い合わせはこちら