オーナー様・管理会社様のニーズに応えられます

多様化するご要望に応え、「求められる業者」に

  • ある程度コストに目をつぶってでも床の美観をよくしたい
  • 管理会社から「剥離廃液を出さないで」と言われた
  • 人体にやさしいワックスを探している

ビルメンテナンス業者に対するオーナー様・管理会社様のニーズは多岐にわたります。そうしたご要望に応えることこそが、プロの果たすべき使命です。これまでお客様の高度なご要望に対して「できません」「ちょっと難しいです」と言わざるを得なかった企業様は、10年以上も剥離が不要になる業務用床ワックス・剥離剤シリーズ「ウルトラフロアケア」の導入を検討してみませんか?

ある程度高くてもいいから美観をよくしたい

わずかな汚れがネガティブな評価に直結するホテル、高級ブランドショップやレストラン、衛生管理を徹底する病院・医療施設などでは、「価格よりも品質(きれいさ)を重視したい」という声が少なくありません。ピカピカ光った白いハードフロアに黒い獣道があったり、黄変によって床が黄ばんで見えたりしては、利用者様や患者様に不快な印象を与えてしまいます。

ウルトラフロアケアなら黄変の原因となるスチレン、ウレタンが含まれていないため、ワックスの透明さが長続き。内部乾燥硬化テクノロジーにより黒ずみもブロック、ワックスの剥離が長期にわたって不要になります。

「(剥離)廃液を出さないで」と言われた

従来の業務用ワックスには、剥離しやすくするために重金属(亜鉛)が含まれています。亜鉛は環境への負担が非常に大きく、水棲生物に対する毒性が非常に高いため、ワックス剥離後の廃液は一般廃液とは区別され、産業廃棄物として処理する場合もあります。廃液の取り扱い処理には十分な配慮が不可欠。にもかかわらず、現状では適切に処理されていないケースもあるようです。

環境問題への意識の高まりや法的責任に対するリスクヘッジの観点から、近年は廃液の処理についてオーナー様や管理会社様がビルメンテナンス業者様に問い合わせをするというケースが増えています。ウルトラフロアケアなら、長期間剥離作業を必要としないため、環境への悪影響を小さくすることが可能です。

人体にやさしいワックスを探している

従来の業務用ワックスは環境面だけでなく、作業をする従業員にも負担を強いています。剥離作業には強アルカリ性で危険な溶剤を含んだ剥離剤が必要ですが、ワックスを溶かす力が強いぶん、人体への影響も大きいのが特徴。肌に触れるだけで強くかぶれる剥離剤は、多くの危険な溶剤を含むため取り扱いには十分な注意が必要です。

ウルトラフロアケアならそういった負担の大きな剥離作業が、10年間以上も不要になります。定期清掃では多目的洗剤「クリーナー&コンディショナー」を使うことでアルカリ成分に頼ることなく汚れを取り除けるので、安心して作業ができます。

  • ウルトラフロアケアのコンセプト
  • ウルトラフロアケアの特徴
  • ウルトラフロアケアと従来のワックスの違い
  • ウルトラフロアケアの製品ラインナップ

「ウルトラフロアケア」シリーズに関するお問い合わせはこちら